東京都三鷹市上連雀1−16−33 K9StyleOne 1F
エムペットクリニック
TEL:0422-52-7710
駐車場完備

ドクターズファイルに掲載されました。http://animal.doctorsfile.jp/h/178646/df/1/

ENTER


LINE ご登録はこちらから(工事中です)

新型コロナに対する対策について

病院内におきまして、可能な限りの対策を心掛けます。

随時LINEにて情報を発信しますので、LINEのご登録をお願い致します。
4月からLINEが新しくなります。改めて再登録をして戴く必要がありますが何卒ご協力のほどお願い致します。

待合室の対応につきまして
 待合室の混雑を回避する対策をさせて戴いております。
 待合室に患者様が多くなる際(室内には3組まで)には、待合室以外の場所お車でお待ち戴く事やお近くに散歩して頂くなど屋外で待機して頂き、お時間になりましたら携帯電話にて受診の順番をお知らせ致します。


空間除菌 
待合室は電解酸性水のミストを行っております。
電解酸性水は、アルコール以上のウィルス殺菌効果を有しています。人体への刺激・毒性は全くありあません。吸い込んでも問題ありません。

消毒液設置
手指消毒液を設置しています。
 電解酸性水を使用しています。電解酸性水は、アルコール以上のウィルス殺菌効果を有しています。手指への刺激はなく、アトピー性皮膚炎にも使用できるものです。

換 気
病院内の空気の流れ。
 空気の淀みをさせないように、窓等を開け院内の空気の流れを作るようにしています。


エムペットクリニックのLINE をが新しくなります。

エムペットクリニックのいろいろな情報をアップしていきます。皆様の登録をお待ちしております。新型コロナに関する当院の対応などもLINEから発信致します。

LINEならではの特典もあります。

中医学(中国漢方)を導入しています。

中医学を導入しました。通常行われる治療に加えて漢方を処方することで、治療内容の幅を広げることができます。  

ドクターズ ファイルに掲載されました。掲載内容をご一読下さい。LinkIconリンク

レプトスピラ感染症について

周辺地域におきましてレプトスピラ感染症が認められました。この感染症の概要につきましてお知らせ致します。ご希望の方には、レプトスピラ感染症予防の単独ワクチンをご用意致しましたのでお問い合わせ下さい。

本年10月に武蔵野市におきまして、レプトスピラ病の発症が報告されました。
 今までは発症頻度が低い地域(三鷹・武蔵野市において)との認識でしたが、発症が認められたからには、この感染症についての再認識をしなければなりません。
 レプトスピラ感染症は、それに感染したドブネズミの尿から感染します。
尿中に感染菌が含まれており、その尿が水たまりなどに入った場合に感染場所となります。感染した水を舐めたり、水に入ってわんちゃんの皮膚の傷口からなどから感染します。
 レプトスピラ感染症は、致死率も高く、かつ、人への感染もおこし、人畜共通伝染病として、行政機関への届け出もしないといけない感染症です。

 この感染症を予防するには、ワクチン接種が有効となります。今後、混合ワクチンを接種を予定される方は、生活環境を踏まえて改めてご相談をさせて頂きます。

 レプトスピラ感染症を含まれていない混合ワクチンを接種(5種・6種)をされているワンちゃん、かつ、散歩中にジメジメして汚い水たまりがありそうな場所にも入ってしまうような場合には、念のため、危なそうな場所には極力入りこませないようにさせることが必要でしょう。

 レプトスピラ感染症や混合ワクチンに関して、ご不安・ご不明な事がありましたら動物病院までお問い合わせください。

季節変動による消化器疾患が引き続き多発しています」!

季節性の下痢や嘔吐、食欲不振の症状が多発しています。

悪化すると膵炎にも!あまり様子を見ないで受診下さい。
今シーズンの過激な気候変動でわんちゃんねこちゃんは大きなストレスを受けているようです。そのストレスが胃腸疾患となり、食欲不振、嘔吐や下痢になるようです。大部分は一過性ですが、今期の気候変動で重症化することもあります。あまり様子を見ずに早めに受診されることをお勧め致します。



エムペットクリニックへお気軽にお立ち寄り下さい。
私どもは、診療並びに予防医学を行う上でインフォームドコンセント(分かりやすい診療説明)を心がけます。
大事な家族のペットたちの「病気の予防、早期発見、早期治療のために」・・・・
大切なことは、近隣地域のホームドクターを目指す我々が、健康な時から接していること触れていることと考えております。
この度、エムペットクリニックは10周年を迎えることができました。これからも初心を忘れることなくホームドクターとしての使命に努めて参りたいと思います。